札幌でタトゥー除去しました

タトゥーは入れて欲しくない

泉旅行に行かないかと誘われたキレイに除去することは、まず無理タトゥーは入れて欲しくない

そして、1か月後、かさぶたのようなものはほとんどなくなり、やけど痕の薄くなった感じの皮膚に変わりました。
これならタトゥーがあったなんて分からなそうです。
主人も比較的綺麗になった肩に感動していました。
しかし、タトゥー除去はこれで終わりではありません。
また1,2か月後にレーザーを当て、徐々に薄くしていくのです。
彫るのは一瞬で、消すには、多大な金額と期間、そして苦痛を強いられます。
もうタトゥーは二度と入れません。
除去している今でも、一度彫ってしまったことをとても後悔しています。
未だに、家族でも温泉やプールは行けません。
タトゥーが目立たなくなり、人前でも肌を晒せるようになったとき、初めて温泉やプールにも行けるのだと思います。
子どもに沢山の悲しい思いをさせてしまったことを思うと、自分が腹立たしくてなりません。
このような思いを家族にさせないよう、タトゥーは入れて欲しくないと思います。